福岡県朝倉市周辺を中心にして発生した豪雨災害により、甚大な被害がでています。
そこで、2017年豪雨被災福岡県聴覚障害者支援対策本部を立ち上げました。

名称:「2017年豪雨被災福岡県聴覚障害者支援対策本部」
連絡先:
福岡県春日市原町3丁目1-7クローバープラザ3階
福岡県聴覚障害者センター内
fax092-582-2419 tel092-582-2414

○支援活動の内容

①生活全般的支援
②ろうあ者相談等支援
③支援金口座開設

支援金口座
支援対策本部では、支援金口座を開設いたしました。
銀行:福岡銀行 支店:春日原支店(かすがばるしてん)
預金種別:普通口座
口座番号:1933068
名義:福岡県聴覚障害者災害支援金口 代表 大澤 五惠

※この支援金は、平成29年7月九州北部豪雨で被害を受けた聴覚障がい児・者、
手話通訳者等の被災者の方々の救済や支援対策本部の支援活動のために使用します。

3月31日をもちまして、支援金の募集を締め切らせていただきました。
あたたかいたくさんのご支援、ご協力をいただき、ありがとうございました。

 

被災の状況
福岡県聴覚障害者協会会員の負傷者 0人
福岡県手話の会連合会会員の負傷者 0人
床上浸水、床下浸水、家屋全壊の報告あり
(2017年7月19日現在)

経過

日にち 内  容
7/5 福岡県が対策本部、地方本部を設置
  大雨特別警報発令
  福岡県手話の会連合会より会員の安否確認中の連絡あり
7/6

福岡聴覚障害者団体連合会より会員の安否確認中の連絡あり

 

避難指示地区の行政へ
電話にて避難所での聴覚障害者の有無等を調査

  福岡県手話の会連合会や
福岡聴覚障害者団体連合会からの報告を受ける
  大雨特別警報解除
7/7 被害状況を全日本ろうあ連盟
聴覚障害者災害救援中央本部へ報告
7/8 福岡聴覚障害者団体連合会により対策本部設置
  追加された避難指示地区の行政へ
電話にて避難所での聴覚障害者の有無等を調査
  現地のろう者や手話の会会員を中心にボランティア活動開始
  福岡聴覚障害者団体連合会対策本部による現地視察
7/9 2017年豪雨被災福岡県聴覚障害者支援対策本部設置
7/12 支援対策本部による現地視察
7/15 第1回支援対策本部会議
  支援対策本部による現地視察
7/19 支援対策本部ホームページを設置
7/23 支援対策本部、現地でのボランティア活動
8/12 全日本ろうあ連盟事務局長による現地視察
8/12  第2回支援対策本部会議
8/26 第3回支援対策本部会議
9/5 現地相談支援
9/30 第4回支援対策本部会議
10/1 現地相談支援
12/24 支援金を被災者へ届ける

2018/
7/1

支援金を被災者へ届ける

■被災地の状況


発生から10日後の被災者のご自宅。                                                  
粘土質の土砂が固まる前に家の中からかき出している。(7/15)

床を張り替え、日常過ごせるようになった。(12/24)

土砂は台所にも入り、冷蔵庫が使えない状態。(7/15)

玄関前の土砂のかき出し。聴覚障害者協会会員や手話の会会員が
ボランティアで作業を行う。(7/15)

玄関前や小屋周り(12/24)

家の横を流れる川岸は崩れていた。(7/15)

畑に押し寄せた流木。(7/15)

土砂と流木が通行の妨げとなった。(7/12)

災害当時、水位は橋の上まであった。(7/15)